最近、大工をしていなかったので、ブログの更新が滞ってしまいましたが、今久しぶりに大工をしましたので、ブログを書きます。

少し前に、以下のような棚を単管に作っていたのですが、今回、改造しようと思います。

IMG_20190429_234630

この棚は、ツーバイフォーに垂木クランプをネジで固定したものを、単管に固定しています。
010

垂木クランプとツーバイフォーは、こんな感じで、ネジ止めしてます。
クランプは、もともとは金色なのですが、単管と同じく、水性の艶消し黒で塗ってます。
015
ちなみに、ツーバイフォーには、油性ニス(艶消しクリヤー)が塗られてます。
(以前、油性ニスを塗って棚を作成したのですが、棚を作り直した際に余った木材です)

そこに、ツーバイフォー3本をネジで固定します。
020

ひっくり返すとこんな感じです。
※この3本の木も余っていたもので、白いペンキがついてますが、気にせずそのままで使おうと思います。
030

横に、鉢が落ちないように板をネジで止めます。これは、余っていた野地板です。
040

上にワンバイフォーを乗せて、ネジで固定します。このワンバイフォーも余ってたものです。
※今回、余っていた木材を減らす目的もありまして。。。
050

更に、鉢が落ちないように板をネジで固定します。
これも、余っていた木材です。野地板をウォルナットで塗ったもので、色がバラバラになってますが、見えないところなので、そのまま使います。
060

次に、正面の板を作成します。これも雨ざらしにしてたコンパネです。
丸鋸でサイズを合わせてカットします。

丸鋸ガイドは便利ー
065

さらに、コンパネを縦切りしました。板が長いので、両方から切っていったのですが、真ん中で5ミリほどずれたので、ジグソーで少し丸っぽく切断して、サンダーで切り口をサンディングしてやめらかにしました。

写真でわかりますでしょうか。
070

水性の艶消し黒で、3回ほど塗りました。
080

真っ黒にしました。
090

次に、ダイゾーの白ペン木で上から塗りました。ペンキはヨーグルトの入れ物に開けて刷毛で塗ります。あまったペンキは、ペットボトルに入れて保管してます。
100

これも2回ほど塗りました。黒→白の重ね塗りすると、深みがでるような気がして、気に入ってます。
110

さらに、ステンシルで文字を書きました。
ステンシルとスポンジは、ダイソーです。
120

※写真は上下逆ですね(笑)



棚を単管に取り付けて、上で作成した板をネジで止めました。
130

※途中の写真をとらないで、一気に完成させて、植物を乗せてしまいました。
140

雰囲気が変わりましてねー