仕事が忙しくなってしまい、DIYをする時間がまったくとれず、久々の更新となりました。。。

何かを作った、というわけではないのですが、
トイレの壁スイッチの調子が悪くなったので、交換しました。
ONとOFFだけのシンプルなものですが、ONにしても電気がつかなくなりました。
正確には、強くONにしないと、つかなくなりました。
何度もカチカチして、やっとつくという状況です。とほほ。。。

010


ホームセンターで、壁スイッチを購入。500円くらいでした。
020

 交換には電気工事士の資格が必要と記載されています。

 作業前に、対象となる箇所のブレーカーを落として作業を行いましょう。
 道具は、ブラスドライバーとマイナスドライバーがあればOKです。

 まず、スイッチを力づくで外しました。
030

化粧カバーも力づくで外しました。
040

ネジが上と下にあるので、プラスドライバーで外しました。
050

金具の部品も上と下のネジをプラスドライバーで外しました。
060

2か所ケーブルが刺さってます。
070

「はずし穴」と書かれている溝にマイナスドライバーを差し込んでケーブルを引っ張り抜きます。
080

同じ要領で2本抜きました。
090

次に、買ってきたスイッチをつけていきます。

逆の要領で「はずし穴」と書かれている溝にマイナスドライバーを差し込んでケーブルを差し込みます。
元のように奥まできちんと差し込みます。
100

ネジで金具を固定します。
110

プラスチックもネジで固定します。
120

スイッチを押し込んではめます。
130

化粧カバーも押し込んではめまして完成です。
140

ブレーカーを戻して、スイッチONで電気がつきました。
めでたし、めでたし。
IMG_20200120_192118